パジャマでお邪魔

こんにちは、Tango245です。
当店の別注品は、日本のビジネスマンを全力で応援するべく展開しておりますが、とりあえずビジネスアイテムは一段落してきましたので、そのデリバティブで、日本のビジネスマンだった人を全力でリハビリするカジュアルアイテムを強化しています。といっても片足リタイアの店主が自分が着たい洋品を作りにいってるに過ぎないのは言うまでもありません。

ただ、昔、ある有名デザイナーのインタビュー記事で、そのデザイナーが自身のブランドを着ていることをインタビュアーが取上げており、裏を返せばほかのデザイナーは自身のブランドの服を着ていないのかという、素朴な疑問を持ったことがあり、まあ着たい服と売れる服は違うのかもしれませんが、その着たい服もどこかで誰かが売っている服なわけですから、突き詰めると論法としては弱いわけであります。

ということで、くだらない認証等は取りに行く気はありませんが、説明責任、善管注意義務はきっちりと果たす当店、業界の悪しき風習の落とし前をつけるべく、店主は自身のブランドを、1年365日、1日24時間身に纏い、生活していこう、いや行きたいと思い、またそもそも着たい服がないということもありカジュアルアイテムを拡充してきたわけであります。ジャケットのリメイク等も意識し、裏地や袖地も特注。これにビジネスアイテムも併せますと、ジグソーパズルでいう4隅と外枠は埋まってまいりました。サファリ等、いくつかはすでにご紹介しておりますが、年明け以降は、モーターサイクルコートやダブルのトレンチやライダースやデニムも煮詰まってきましたので順次ご紹介できると思います。

それでいまいま、別注のトランクスとパジャマを画策しております。一日の約3分の一は睡眠でありますので、これでさらに河の東側をガッチリ抑えようという魂胆と、最近デッドストックのシルク生地を数十m入手させていただきましたこと、手持ちのシーアイランドコットンの柄がベタでシャツに向くのが少ない点、そして当店おすすめの究極の4品目につなげるためであります。

参考にさせていただいた個体は、店主が、今は亡きローマのシャツの銘店で仕立てたパジャマであります。パイピングなどもなく非常にシンプルなつくりですが、ヨークの部分や袖のカッティング等、シャツとはやはり違うようで勉強になります。とはいえボタンホールは直接の着心地とは関係なく手縫いであります。(下写真)

今はろくなパジャマがありませんので、靴やスーツはビスポークのお客様も、意外とパジャマはユニクロのスエットやヒートテック、エアリズムとかだったりしませんでしょうか。ユニクロはコスパは魅力的なものの、どこまで行っても所詮コスパの世界、対数曲線の左であります。我々のポジションニングは対数曲線の右、それがどうしたの、一般の人は近寄らない、コスパ最悪の領域でありますので、つくりもそうですが、素材もやはり、合成繊維より天然素材、最低で海島綿のような極上コットン、出来ればシルクであるはずでございます。これで日ごろの睡眠負債も一括で返済してしまって下さい。(リリース予定は春先を予定しております。)

大変恐縮ではありますが、当店、クレジトカードに対応できておらず、もし何かお買い上げいただける場合は現金決済となってしまいます。ご不便おかけいたしますがご容赦いただきますようお願い申し上げます。また不定期営業であり、倉庫や自宅にて保管し店舗にない商品もありますので、原則予約制とさせていただいております。すでにお買い上げいただいている場合もありますのでお手数おかけしますが、ご来店の際はメールか電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。店主の予定がなければ土曜日曜祝日を問わず、また夜間についてもご対応させていただきます。ナポリの名店マリネラを真似てコーヒーをご用意しお待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。*当店につきましてはこちらこちらも読みいただければありがたいです。*コーヒーのご提供につきましてはコロナ蔓延を鑑み、現状自粛させていただいております。