ガチなパニコとガチなキトン

こんにちは、Tango245です。
このところ、委託にて逸品をお預かりさせていただいておりまして、先日インスタグラムにアップさせていただきました、ジョンロブのバロスに続きまして、アントニオ・パニコとキトンを3着ずつ大先輩からお預かりさせていただきました。バロスにつきましては、過去約30年、オーナー様に恵まれ、いい人生を過ごしてこれたようで、なんとも言えないエイジングが逸脱であります。まだまだ50年ぐらいは行けそうなので、是非ともどなたかに引き継いでいただければと存じます。サイズは8EEになります。

さてパニコとキトン、パニコの3着はもちろんなのですが、キトンの3着もビスポークであります。ブランドにもよりますが既製品とビスポークは割と違っていて、お寿司屋さんのマグロで言いますと、ランチのマグロと一品で握ってもらうマグロぐらい違うと店主は思っております。そして一品で握ってもらうマグロも、部位もさることながら、誰に握ってもらうのか等、お客さんによってかなり差が出てしまうと考えており、なので当店では、雲上サルトでも、どういう人がいつごろ、どのようにオーダーしたのかも出来る限りトレースし、より「当たり」の個体を追っかけているわけであります。もちろんそんな背景より是々非々でその個体の質が重要ですし、逆にパニコなら何でもいいとも言えるのかもしれませんが、我が方といたしましては、質につながる重要な部分の一つと考えていて、特にビスポークの場合は、そこまでこだわりたくなってしまうのであります。(たかが服なのですが)

そして本日ご紹介するパニコとキトン。どちらも「当たり」の個体でガチなビスポークです。パニコの3着は、グレー無地、ネイビーのストライプ、ほとんどホワイトながらライトブルーとグレーが少し入ったアイリッシュリネン、どれも製造が2000年前後で、採寸はパニコ氏本人が行っていて、仮縫い時も(眼光鋭かった)氏のチェックが入り、ダメならその場で職人が呼ばれ叱責される時期のもので、裏地の処理もフラシです。さらにこのグレー無地、フラワーホールが泣けます。「当たり」のパニコでもこの仕様はかなりレアで、このフラワーホールのためにローマかミラノに一度送っていると思われます。またこの1着、99年製ながら着用感がなく、奇跡の1着と言えます。

ネイビーストライプの着用頻度は一度で、その一度も、オーナー様がアルファロメオの新車発表記念パーティーでイタリアに招かれた時に着たのみとのことです。そしてその際、フィアットやアリタリア航空の元会長で、そしてジャンニ・アニエッリ氏のご子息とも噂される、ルカ・モンテゼーモロ氏から、「そのスーツは?」と肩に手を置かれ声をかけられたとのこと。稀代の洒落人の目にとまり、さらに手や息がかかったまま持ち帰った、同体保存の状態の逸品です。一方のアイリッシュリネンは、オーナーお気に入りの一品(やはりアイリッシュリネン、究極の3品目の一つです)だったようで、かなり着こまれ、世界を旅してきた風雪を感じます。着用感、やれ感はありますが、その分お安くお出しいただいておりますし、何よりその道のプロが使い込んだ逸品。味合うには最良の一品と思われます。

 

一方のキトンの3着もガチなビスポークで、通常の既製品とは一線を画す品々でして、写真の品は未使用のカシミヤのスーツになります。もちろんスーツでもですが、ジャケットにしてデニムに、またパンツ単品でコートに合わせる等、使い勝手のいい1着であると思います。と言うことで、突然ですが、ガチなパニコ、ガチなキトンをこの機会に是非ゲットしてしまって下さい。(サイズは50相当ですが、個人的には、サイズ関係なしで大丈夫です。)

 

 

大変恐縮ではありますが、当店、クレジトカードに対応できておらず、もし何かお買い上げいただける場合は現金決済となってしまいます。ご不便おかけいたしますがご容赦いただきますようお願い申し上げます。また不定期営業であり、倉庫や自宅にて保管し店舗にない商品もありますので、原則予約制とさせていただいております。すでにお買い上げいただいている場合もありますのでお手数おかけしますが、ご来店の際はメールか電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。店主の予定がなければ土曜日曜祝日を問わず、また夜間についてもご対応させていただきます。ナポリの名店マリネラを真似てコーヒーをご用意しお待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。*当店につきましてはこちらこちらも読みいただければありがたいです。*コーヒーのご提供につきましてはコロナ蔓延を鑑み、現状自粛させていただいております。

 

サクラダファミリアVol.2

こんにちは、Tango245です。
やるやる詐欺、サクラダファミリアと言われてきた当店ですが、2023年、とりあえず序盤は頑張ります。まず写真集の色校が上がってきました。まだまだミスはあるものの全体としてはいい感じなので、誤字等を修正し、店名にちなみ245冊刷ります。お買い上げいただいた商品の価値が将来爆謄するようにと、心と時間と交際費を掛けに掛けた、カラー約280ページ、モノクロ約40ページのアホアホ写真集、2月以降(もしかしたら3月)、順次お手元にお届けいたしますので、よかったら見てみてください。

それと当店、YouTubeで紹介されていくことになりました。ある敏腕ユーチューバーの監修を受けたユーチューブチャンネルが、世界に向けて日本のいくつかのものづくりの企業を掘り下げて紹介していく企画で、そのうちの一社?として、とりあえず10本、評判が良ければ定期的に撮っていただけるとのことであります。私メは怠け者かつ出不精なので、出番はありませんが、当店、カラチェニやガット、カルロリーバやカールフロイデンベルグ等、本家を除けば世界最高水準の在庫を誇る、かもしれない店であります。またものづくりの企業紹介ということなので、シレっと別注品の宣伝を入れるつもりです。別注品の海外価格は、スーツや靴で8000ユーロ、シャツ、ネクタイで1000ユーロ! よって国内価格は超絶お得な気絶価格となりますので、宜しくお願いいたします。

ということで、当サイトも今回これに便乗し、英語版を追加しようと考えております。私メは怠け者かつ出不精ですが、Rusty Nailを原キーで90点台をたたき出した身、こちらは音声で参加できればと考えています。サイトもインスタグラムもこれまではドメドメでしたが、円安もあり、いい機会なので一丁頑張って、来年はいよいよピッティっス。って結局サクラダファミリア?

大変恐縮ではありますが、当店、クレジトカードに対応できておらず、もし何かお買い上げいただける場合は現金決済となってしまいます。ご不便おかけいたしますがご容赦いただきますようお願い申し上げます。また不定期営業であり、倉庫や自宅にて保管し店舗にない商品もありますので、原則予約制とさせていただいております。すでにお買い上げいただいている場合もありますのでお手数おかけしますが、ご来店の際はメールか電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。店主の予定がなければ土曜日曜祝日を問わず、また夜間についてもご対応させていただきます。ナポリの名店マリネラを真似てコーヒーをご用意しお待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。*当店につきましてはこちらこちらも読みいただければありがたいです。*コーヒーのご提供につきましてはコロナ蔓延を鑑み、現状自粛させていただいております。

パジャマでお邪魔

こんにちは、Tango245です。
当店の別注品は、日本のビジネスマンを全力で応援するべく展開しておりますが、とりあえずビジネスアイテムは一段落してきましたので、そのデリバティブで、日本のビジネスマンだった人を全力でリハビリするカジュアルアイテムを強化しています。といっても片足リタイアの店主が自分が着たい洋品を作りにいってるに過ぎないのは言うまでもありません。

ただ、昔、ある有名デザイナーのインタビュー記事で、そのデザイナーが自身のブランドを着ていることをインタビュアーが取上げており、裏を返せばほかのデザイナーは自身のブランドの服を着ていないのかという、素朴な疑問を持ったことがあり、まあ着たい服と売れる服は違うのかもしれませんが、その着たい服もどこかで誰かが売っている服なわけですから、突き詰めると論法としては弱いわけであります。

ということで、くだらない認証等は取りに行く気はありませんが、説明責任、善管注意義務はきっちりと果たす当店、業界の悪しき風習の落とし前をつけるべく、店主は自身のブランドを、1年365日、1日24時間身に纏い、生活していこう、いや行きたいと思い、またそもそも着たい服がないということもありカジュアルアイテムを拡充してきたわけであります。ジャケットのリメイク等も意識し、裏地や袖地も特注。これにビジネスアイテムも併せますと、ジグソーパズルでいう4隅と外枠は埋まってまいりました。サファリ等、いくつかはすでにご紹介しておりますが、年明け以降は、モーターサイクルコートやダブルのトレンチやライダースやデニムも煮詰まってきましたので順次ご紹介できると思います。

それでいまいま、別注のトランクスとパジャマを画策しております。一日の約3分の一は睡眠でありますので、これでさらに河の東側をガッチリ抑えようという魂胆と、最近デッドストックのシルク生地を数十m入手させていただきましたこと、手持ちのシーアイランドコットンの柄がベタでシャツに向くのが少ない点、そして当店おすすめの究極の4品目につなげるためであります。

参考にさせていただいた個体は、店主が、今は亡きローマのシャツの銘店で仕立てたパジャマであります。パイピングなどもなく非常にシンプルなつくりですが、ヨークの部分や袖のカッティング等、シャツとはやはり違うようで勉強になります。とはいえボタンホールは直接の着心地とは関係なく手縫いであります。(下写真)

今はろくなパジャマがありませんので、靴やスーツはビスポークのお客様も、意外とパジャマはユニクロのスエットやヒートテック、エアリズムとかだったりしませんでしょうか。ユニクロはコスパは魅力的なものの、どこまで行っても所詮コスパの世界、対数曲線の左であります。我々のポジションニングは対数曲線の右、それがどうしたの、一般の人は近寄らない、コスパ最悪の領域でありますので、つくりもそうですが、素材もやはり、合成繊維より天然素材、最低で海島綿のような極上コットン、出来ればシルクであるはずでございます。これで日ごろの睡眠負債も一括で返済してしまって下さい。(リリース予定は春先を予定しております。)

大変恐縮ではありますが、当店、クレジトカードに対応できておらず、もし何かお買い上げいただける場合は現金決済となってしまいます。ご不便おかけいたしますがご容赦いただきますようお願い申し上げます。また不定期営業であり、倉庫や自宅にて保管し店舗にない商品もありますので、原則予約制とさせていただいております。すでにお買い上げいただいている場合もありますのでお手数おかけしますが、ご来店の際はメールか電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。店主の予定がなければ土曜日曜祝日を問わず、また夜間についてもご対応させていただきます。ナポリの名店マリネラを真似てコーヒーをご用意しお待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。*当店につきましてはこちらこちらも読みいただければありがたいです。*コーヒーのご提供につきましてはコロナ蔓延を鑑み、現状自粛させていただいております。

ディナー作戦

こんにちは、Tango245です。
本日は別注サファリジャケットのご紹介です。若い頃は、「あんなおっさんくさいヤツ、絶対着ないわ」と思っておりましたが、年を取るにつれて着たくなってきたのには自分でも驚きです。要するにおっさんくさくなった訳です。まあスエードの靴とかもそうで、いろいろと買ってはみたものの、昔はそれほどはいいなとは思いませんでしたが、ここ数年いいかなと思ったりしており、「世の中に絶対は絶対ない」と再認識させられ、まだまだ修行が足りないと思う今日この頃であります。

店主はロバートレッドフォードが好きで、追憶、華麗なるギャツビー、スパイゲーム等々はバイブルであり、それゆえ時代に逆行する派手なストライプのシャツを好み、深緑色の車を探し、諜報活動にハマり結城という名に改名し、、、なのですが、アウトオブアフリカで多分着ていたはずのサファリジャケットが確か、エポレット無し、ベルト無し、麻素材だったというイメージが勝手にあり、当店がやるとするとやこの仕様になります。この仕様で醸し出される、麻のヨレ感と中紐を少し絞った感じのハーモニーが、まさに映画の中のロバートレッドフォード(妄想です)。自分が季節のいい時期に国内旅行をするために作りました。

出来上がったのが写真のジャケットなのですが、生地の良さと縫製の良さが相まって、結構いい感じでありまして、ブリオーニのハンガーにかけ、当店のブリオーニコーナーに置いても勝るとも劣らない存在感!これで春から秋は、心置きなく日本中どこでも行けると思います(なくても行けます!)。生地持ち込みでもお請けできますので、よろしくお願いいたします。旅のお供の鞄につきましては、ブルネロの極上未使用旅行鞄や、デッドストックのロシアンカーフのグラッドストーンバッグのご用意がありますが、当店別注鞄もこれまた製作中ですのでどうぞご期待ください。

大変恐縮ではありますが、当店、クレジトカードに対応できておらず、もし何かお買い上げいただける場合は現金決済となってしまいます。ご不便おかけいたしますがご容赦いただきますようお願い申し上げます。また不定期営業であり、倉庫や自宅にて保管し店舗にない商品もありますので、原則予約制とさせていただいております。すでにお買い上げいただいている場合もありますのでお手数おかけしますが、ご来店の際はメールか電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。店主の予定がなければ土曜日曜祝日を問わず、また夜間についてもご対応させていただきます。ナポリの名店マリネラを真似てコーヒーをご用意しお待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。*当店につきましてはこちらこちらも読みいただければありがたいです。*コーヒーのご提供につきましてはコロナ蔓延を鑑み、現状自粛させていただいております。

 

 

冗談じゃ~、ないよ

こんにちは、Tango245です。
当店、ビスポークの古着を扱う傍ら別注品も手掛けております。古着は基本的に一点物で、売れたら終わりであります。もちろん別のお客様のもとに旅立っていくのはうれしいのですが、その反面さみしさも感じますので、当初はそのさみしさを紛らわすべく始めました。なのでドレス系から始め、靴、スーツ、ネクタイと進めて、幸い好意的なご評価をいただいております(ありがとうございます)。現在はそれに加えてカジュアル洋品も手掛けており、店主が着たいのを勝手に作っていて、あと3年ぐらいでうちの別注品のみで生活できたらいいなと思って作っております。また着る物のみならず、食と住も自分の好みで統一しようと考えておりますが、こちらについては、寿命との追いかけっこなのかもしれません。

自分が着たい服が巷にあれば、別注品など必要ないのですが、昔のような素材や仕様で出してくれている物はほぼありませんし、仮にあってもとんでもない価格になってしまいます。また昔の逸品も、営利が目的ですから、残念な個所もあるので、それだったらそういうのを全部ひっくるめてアホアホなやつを作っていこうということでやっております。現在カジュアル洋品は、タイロッケンコートとシングルのトレンチコートを出しておりますが、今後も随時出していく予定で、今回は第3弾、ドライビングコートのご紹介です。

このコート、もともとはイタリアの空港に良くおいてあった、折り畳み式のハーフコートをイメージさせていただいております。そのメーカーは旅行用の折り畳みのアウターが得意で、ハーフコートのほか、ステンカラーコートとかも出しており、使い勝手がいいので、帰りにミラノやローマの空港でときどき買ったのですが、帰りに買ってもあまり意味がないのは言うまでもありません。ですが旅行用にするにはもったいないので、普段でもよく着ておりました。いつのまにか忘れてしまっていたのですが、店舗のレイアウトを変えている際、これを着ている写真が出てきまして、「あ、これは作っとかないと」と思った次第です。

元ネタは、格好は悪くないのですが「折り畳み」、「持ち運び」が前提なので、結構無骨なシルエットで、かつ簡易的な縫製となっております。なのでシルエットをもう少しいい感じに、縫製も丁寧なつくりに変えました。またどうせ作るならと、素材も国内ライセンス物じゃないリモンタ社のデービス、ファスナーはriri、ホックはフィオッキであります。本国のリモンタを使う国内アパレルメーカーは最近あまり見ませんで、せいぜい国内ライセンス生産物ですし、ririのファスナーにいたってはほとんど絶滅危惧種の状態です。一部にはririがついたユーズドをオークションとかで探し、剥がして使うという需要も一部にはあるようです。性能的には国内Y社の方が上という意見もありますが、当店は、one&onlyのプロのアマチュア、どうせ着るならこっちなのであります。エルメスやセラファンも使っていないようですし、気分は最高、実際かなり気に入っております。

そんなこんなの「それがどうした」なドライビングコートですが、一歩間違うと鬼瓦権蔵のジャンパーで、にもかかわらず色もあえてのネイビー、ギリギリchopです。ですが逆に言うと、現場での打ち合わせでは無敵と思われ、ぜひともこれでクライアントから注文取ってしまってください。何でしたら、あの、アルプス工業の刺繍を入れますのでクレーム対応用時にお使いください。ちなみにこのririのファスナー、紺で注文したはずが写真のような目の覚める青で送られてきました。これだとまずいので、本番は紺で手配し直しで、別注品はいろいろと痺れることばかりであります。また基本裏地無しですが、裏地付き、また裏地持ち込みもお受けできます。

大変恐縮ではありますが、当店、クレジトカードに対応できておらず、もし何かお買い上げいただける場合は現金決済となってしまいます。ご不便おかけいたしますがご容赦いただきますようお願い申し上げます。また不定期営業であり、倉庫や自宅にて保管し店舗にない商品もありますので、原則予約制とさせていただいております。すでにお買い上げいただいている場合もありますのでお手数おかけしますが、ご来店の際はメールか電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。店主の予定がなければ土曜日曜祝日を問わず、また夜間についてもご対応させていただきます。ナポリの名店マリネラを真似てコーヒーをご用意しお待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。*当店につきましてはこちらこちらも読みいただければありがたいです。*コーヒーのご提供につきましてはコロナ蔓延を鑑み、現状自粛させていただいております。

サルトリア・ポッチャーリ

こんにちは、Tango245です。
突然ですが、筋のいい物件のご紹介です。いわゆるタグなし物でブランド名は不明ですが、雰囲気やディテール、仕様から見てフランスの雲上ブランドの某C社製と見られる、同じオーダー主のスーツとジャケットがいくつか入荷しました。レインドロップがないところを見るとその某C社が某H社から請けたビスポークと考えるのが、highly likely 、当然極上です(個人の感想です)。一応、身長170㎝前後、体重80㎏ぐらいと想定されますオーダー主のご体型からサルトリア・ポッチャーリと当店では呼ばせていただいております。ちなみにオーダー主が身長185㎝、体重60㎏ぐらいのタグなしビスポークは、サルトリア・ルンゴロッティ、同じく身長185㎝、体重90㎏ぐらいのビスポークはサルトリア・グランデと呼ばせていただいております。

スタイルはイギリス系ともイタリア系とも違う、フランス系で、生地もフランス人が好む、グレー系のグランデ―ションと少し変わった柄物。生地感も最高で、カシミヤの方はもちろんなのですが、通常のウールと思われる生地もカシミヤやエスコリアルを彷彿とさせる雰囲気があります。こういうのは、日本では見ませんし、イギリスやイタリアでも見た記憶がないので、フランスの雲上サルトの一部にしか供給されないのかもしれません。やはりかなりの上客と言わざるを得ません。着用頻度も当然少なく、着倒し感やヤレ感は皆無で、まあ軽く200~300着ぐらい作っているのでしょう。

大事な着た感じですが、店主は体型があってないので何とも言えませんが、ジワ~と包み込んでくれる感じで、何とも言えない高級感があり、これで体型が合っていたらどんだけなん?という感じです。ということで1着は、試しに得意の全バラリフォームをしてみようかと思っておりますが、それよりもサイズが合いそうなお客様、冷やかしで構いませんので、水洗いが終わった頃にでも、よろしくお願いいたします。ドンピシャなら「持ってけ、ドロボー」価格、リフォームしても、どこまでするかにもよりますが、やはり「ドロボー」価格だと思います。なんせ100着近い中から厳選しておりますので、、、です。

 

 

大変恐縮ではありますが、当店、クレジトカードに対応できておらず、もし何かお買い上げいただける場合は現金決済となってしまいます。ご不便おかけいたしますがご容赦いただきますようお願い申し上げます。また不定期営業であり、倉庫や自宅にて保管し店舗にない商品もありますので、原則予約制とさせていただいております。すでにお買い上げいただいている場合もありますのでお手数おかけしますが、ご来店の際はメールか電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。店主の予定がなければ土曜日曜祝日を問わず、また夜間についてもご対応させていただきます。ナポリの名店マリネラを真似てコーヒーをご用意しお待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。*当店につきましてはこちらこちらも読みいただければありがたいです。*コーヒーのご提供につきましてはコロナ蔓延を鑑み、現状自粛させていただいております。

タグなし物

こんにちは、Tango245です。
海外から時々、「こういうのあるけど?」とお話をいただきます。最近は為替がこんな状況なので難しいのですが、向こうのお金持ちのオーダーは正直なかなかであります。仕立てる方とすれば太いお客さんなので、絶対に粗相ができなく、いきおい、いい素材がまわり、腕のいい職人さんが担当することになり、我々が向こうへ行って、頑張って1足や1着、オーダーして上がってくるものとは扱いが違うわけであります。まあこれが資本主義というものでしょうから、文句があるならそういう太いお客さんになるしかなく、実際日本人でもそういう人は少なからずいらっしゃるので、ノーチャンスではありません。いささか古いお話ですが世界のAOKIさんのように、アメックスカードを5番アイアンのように良さがわかるまで使えば、その良さがわかるころには、見える景色も変わっているのかもしれません(が、よくわかりません)。

それで、その向こうの粗相ができない環境で仕立てられる逸品群の中で、さらに上級ランクなのが一部の「タグなし物」であります。一般にタグがない理由はブランド価値の毀損の防止だと思います。ビスポークの世界では、そのレベルに達していないものができてしまった場合になるかと思いますがそれは売る側の論理で、もう一つ買う側の論理でタグがない場合もあります。

はっきりいって我々とカラチェニやエルメスと比べると、残念ながら一般的にはカラチェニやエルメスの方が格上なわけです。ですが向こうのお金持ちの場合は、カラチェニよりそのお客様の方が格が上な場合が普通で、そういうお客様の中には、「申し訳ないが、僕のネームは書かないでくれないだろうか、いやタグも付けないでくれ給え」という人が結構いらっしゃいます。もっとも向こうの富裕層はタグやネームがあろうがなかろうがそんなことはどうでもいい人が大半だと思いますが、どこでスーツや靴を仕立てているのかをストレートには明かしたくない、あるいは手書きのネームやタグでバランスが崩れる等々、そのようなナルが入っている人はタグをあえてつけさせないわけであります。当然そこまで拘るわけですから、生地や仕様はもちろん仕立てまで拘っており、請ける側もさらにハードルが上がります。結果的にそんな買う側理由の「タグなし物」は、さらに上級ランクの品の割合が高いということになります。

世の中にはタグにお金を払っている人も多数いらっしゃいまして、実際ブランドによってはタグの威力は絶大であります。ですがタグがあることからくるその満足感は、自己顕示欲か安心感でしかなく、どちらも突き詰めると論法としては脆弱で自分の存在感や主義主張を追い込んでしまいます。タグがあろうがなかろうが、いいものがいいわけですし、そうでないものはそうでなく、「タグなし物」が上記のようにさらに上のランクなもので、ましてや価格が同じならそちらの方が本源的には魅力的であるはずです。

しかも現在都合のいいことに「タグなし物」には値段が付いていません。理由は、①商品ではなく、タグにお金を払っている点、②タグが付かない理由を売る側の論理で考えてしまう点、③実際そこの商品ではないリスクがある点等々でしょうか。なのでそういった理由で現状値段が付いていない、買う側理由の「タグなし物」は価格と品質の両面で魅力的だと思っています。

問題は、その「タグなし物」が売る側理由なのか、買う側理由なのかをどう見極めるかですが、そんなものはおなじみの「考えるな!感じろ!」であります。少なくとも売る側理由のタグなしなら沼の住民の皆様なら恐らくお分かりになるはずで、物を見て、「これはいい」とお感じでしたら、値段も安いので、基本、「買い」なわけであります。仮に、仮に、万が一、外したとしても大怪我はありません。少なくとも次につながります。そんなストロングスタイルを5年10年続けて、日本では一部の「タグなし物」の方が一般的な「タグ物」よりも値段が高い世の中になれば、買う方もなかなかになっているんじゃないかと思っています。その際、外人に言ってやりましょう。「タグ付き買って喜んでいるうちはまだまだなんだよ。お前はベルサーチか!」 その道中、道に迷って人の気配がした時の合言葉は、「タンゴ?」、「ニーヨンゴ」です。

大変恐縮ではありますが、当店、クレジトカードに対応できておらず、もし何かお買い上げいただける場合は現金決済となってしまいます。ご不便おかけいたしますがご容赦いただきますようお願い申し上げます。また不定期営業であり、倉庫や自宅にて保管し店舗にない商品もありますので、原則予約制とさせていただいております。すでにお買い上げいただいている場合もありますのでお手数おかけしますが、ご来店の際はメールか電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。店主の予定がなければ土曜日曜祝日を問わず、また夜間についてもご対応させていただきます。ナポリの名店マリネラを真似てコーヒーをご用意しお待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。*当店につきましてはこちらこちらも読みいただければありがたいです。*コーヒーのご提供につきましてはコロナ蔓延を鑑み、現状自粛させていただいております。

 

サクラダファミリア

こんにちは、Tango245です。
昨年、いや1昨年あたりから、写真集を出すとか、ピッティに出展するとかのたまわり、写真集は「この秋には」を、ピッティは「次の次の次」をいつも言っていて、まるで企業の中期計画のように後ろ倒しを繰り返し、お客様には「やるやる詐欺」と言われていますが、そうではありません。サクラダファミリアなのであります。あるいはボストンのトムシュルツ、山下達郎さんのアルバムづくりともいいます。カッティングといい、空ピックといい、リードといい、「ドント ルック バック」、あるいは「スパークル」なわけであります。

写真集におきましては、第2回目の修正をほぼ終え、それにいくつか写真を差し替えればほぼ完了。あとはサンプルを1、2冊作って再度修正し印刷に回せば完成です。お買い上げいただいた商品の価値が将来上がるような、そんな写真集にしたいと考えており、どうぞご期待ください。

別注品も順調です。この前あげていただいたネクタイは生地が硬くて相当やっかいだったにもかかわらず、ハンドロールが当店史上最高、よって世界最高水準をはるかに凌ぐレベルで、お持ちいただいた際のドヤ顔も控えめに見えるほどの芸術品に仕上げていただきました。聞けば針を5本折ってしまったと。一本のネクタイに針5本、まさに一本入魂、ネクタイ魂であります。毎度で恐縮ですが、たかが服なんですけど、こういうネクタイでビジネスをされている皆様と、その辺のセールで買ったネクタイを締めている、あるいはノータイで商談に臨まれているビジネスマン、自分なら前者な人とお仕事をさせていただきたいと思っています。

靴も6号機、7号機のデザインチェック用の仮靴が完成し、いよいよサンプル製作に入ります。シャツやスーツも順調に数をこなしてきておりますし、コートも3タイプ新たに加わり合計5タイプ、ブルゾンもリモンタ社やV社の生地を使い、今はほとんど見ないririやフィオッキの副資材をふんだんに使ったのが2タイプ上がってきます。さらにネジの外れたジーンズを3型、年内リリースを目指しサンプル製作も進行中、ブースが足りなくなるんじゃないかという状況であります。ということでサクラダファミリアは進化しており、アルバムのリリースも遅れるのであります。

「ドレスからカジュアルまで、一体、お前は何をしたいのだ」、「もっとターゲットを絞って、、」、「誰に何をどのように、、」、「強みと機会を活かして弱みと脅威を、、」等々、滅茶苦茶怒られそうですが、そんなことはどうでもいいのであります。ターゲットは自分で、ただ「自分が着たかったものを死ぬまでに全部作る」であります。死ぬまでには作りますのでサクラダファミリアには負けていますし、いつまでも売れないミュージシャンや俳優のようですが、受注生産なので売れなくても特段困るわけではなく、むしろ売れない方が目立たなくて好都合とも思っている部分もあります。それどころか売れたら逆に困る鞄まで今計画してしまっているのですが、それについてはtangoマイレージクラブの会員様(誰でも無料で偽名でも入会できます)に店内にてお話しいたします。

大変恐縮ではありますが、当店、クレジトカードに対応できておらず、もし何かお買い上げいただける場合は現金決済となってしまいます。ご不便おかけいたしますがご容赦いただきますようお願い申し上げます。また不定期営業であり、倉庫や自宅にて保管し店舗にない商品もありますので、原則予約制とさせていただいております。すでにお買い上げいただいている場合もありますのでお手数おかけしますが、ご来店の際はメールか電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。店主の予定がなければ土曜日曜祝日を問わず、また夜間についてもご対応させていただきます。ナポリの名店マリネラを真似てコーヒーをご用意しお待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。*当店につきましてはこちらこちらも読みいただければありがたいです。*コーヒーのご提供につきましてはコロナ蔓延を鑑み、現状自粛させていただいております。

児島に行ってきました。

こんにちは、Tango245です。
先日、岡山県の児島にGパンのお話を聞きに行ってまいりました。児島と言えば、世界の超絶ブランドにデニムの生地供給やOEM生産を一手に引き受けているといわれている地域です。我々も無視するわけにはいきません。近い将来、グローバル市場において超絶ブランドとも決着をつけないといけなくなるわけで、またその時は厳しい戦いになると予想されますので、ここは同じ日本ということで味方についていただくべく、ご挨拶に行ってまいりました。

「敵を知り己を知れば百戦危うからずや」、手土産に一本10万円超のワイン、ではなく超絶ブランドのGパンを数本お持ちし、解説を賜りました。痺れる話連発でありました。

お話を聞いていると超絶ブランドは粗利率が桁違いに高そうです。予想はしていましたが、当方の5倍はありそうです。それをハリウッドスターを雇い広告宣伝に使うわけですね。一方当店の広告宣伝は、ブログとインスタ、どちらも無料です。交際費はかなり使っていますが所詮一人なのでしれていますし、知名度向上のためブリオーニやブルネロの新品をほぼ原価でお出ししていますが赤字ではないので足は引っ張っていません。またMBAバリのマーケティング手法や中小企業診断士が提唱するECRSなどは無視、見積りは値切りませんし、工程も省きません。ダブルエックス沼の住民の皆様に見ていただいてもご満足いただける仕様でご提供する予定です。コストはドンドン上がりますが工場のモチベーションも上がりますので、±ではプラス(と信じたいです)。そして極めつけは、伝家の宝刀、カールフロイデンブルグの革パッチであります。(履き心地には全く関係がなく、見ても誰もわからないと思いますが)世界中探してもこれができるのは当店ぐらいでしょう。現在サンプル作成中で、うまくいけば年末ボーナス商戦に投入予定であります。宜しくお願いいたします。

大変恐縮ではありますが、当店、クレジトカードに対応できておらず、もし何かお買い上げいただける場合は現金決済となってしまいます。ご不便おかけいたしますがご容赦いただきますようお願い申し上げます。また不定期営業であり、倉庫や自宅にて保管し店舗にない商品もありますので、原則予約制とさせていただいております。すでにお買い上げいただいている場合もありますのでお手数おかけしますが、ご来店の際はメールか電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。店主の予定がなければ土曜日曜祝日を問わず、また夜間についてもご対応させていただきます。ナポリの名店マリネラを真似てコーヒーをご用意しお待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。*当店につきましてはこちらこちらも読みいただければありがたいです。*コーヒーのご提供につきましてはコロナ蔓延を鑑み、現状自粛させていただいております。

 

一足入魂!

こんにちは、Tango245です。
今や日本を代表する靴職人の人が、英国で勤務されていた頃、そこにいた伝説の靴職人から、「それにいつまで時間かけているんだ、と叱られた」というようなお話を、昔、何かの記事で読んだことがあります。店主がそれを読んだ時、何かマズいものを読んだと違和感を感じつつ、「それは考えてはいけない」と勝手にシャットダウン、自分で脳の奥の方に封印しました。ですがその後、その封印も徐々に溶け出し、この言葉について考えるようになったわけです。

まず、我々が、「包み込むような履き心地」、「美しいアーチやステッチ」、「一生の伴侶」等々、ビスポーク靴に掛ける想いは、ある種、工芸品に近いレベルを想っているわけですが、かの国の職人、伝説の職人でさえ、そこまでは思っていないということであります。もちろん、既製品のレベルとはちがいますが、少なくとも生産管理の枠内にある高級品で、工芸品などとは思っていないということでしょう。我々がそう思っていたのに先方はそう思ってはいなかった。これは悲しくも哀しい、やるせない事態であります。

もちろん、店主はコークストリート時代のクレバリー等、本当に美しいと思っており、生産管理の枠内で、あそこまでの物をごくごく普通に作るというのはむしろ恐るべしと言えます。またいいもの作ろうと思っていたに違いないと信じております。そう思っていなければああいうものは作れないと思います。なので今の英国のビスポーク価格はすさまじいですが、それでもあのクオリティーを出してくれるなら自分はギリ納得ですし、量産品だろうが工芸品だろうがそんなカテゴリー分けなどどうでもいいと思っています。ですが今のクオリティーであの価格は自分には無理で、おそらくは、よりいいものを作ろうという意識が、違う方向に行ってしまったんじゃないかと思っています。我々がいう昔の物はよかったというのはそういうところにあるような気がします。

さて我が方の日本ですが、その大御所に怒られた職人さんは、おそらく今も、「それにいつまでも時間かけている」のではないでしょうか。日本のほかの職人さんも、人それぞれではありますが、総じていうと時間かけていると思います。そう、日本は、いいか悪いかは別として、1足入魂!なのであります。もちろん時間かけたからと言っていいものができるわけではありません。しかしながら、時間かけないといいものができないのもそれは事実であります。

仮に一方が一足100万円。もう一方が50万円でかかる製作時間は前者の2,3倍。クオリティーが同じなら普通は後者を買います。店主はクオリティーは既に後者の方が高いと思っているので、前者を買う理由がありません。有名ブランドのタグの威力は厄介ですが、タグに頼ることが恥ずかしくなる世の中もそのうち来るのではないでしょうか。工程管理品と1足入魂の品、しかも価格は総じて半分、もう勝負はついているわけであります。ということで、ビンテージは欧州物、現行品は日本の物ということで、今後は皆様よろしくお願いいたします。また日本の職人の皆様、怯む必要はありません。物欲の波にのまれ散々散財してきた店主が言うのですから間違いはありません。折しも円安トレンドの折り、どんどん世界でご活躍ください。クオリティーは上なのですから価格も上で当然です。1足100万円、1着100万円などと言わす、150万円、200万円で靴やスーツを売りまくっていってください。何でしたら当店がピッティに持っていきます。燻ぶっているのならぜひご相談ください。自薦他薦問いません。

大変恐縮ではありますが、当店、クレジトカードに対応できておらず、もし何かお買い上げいただける場合は現金決済となってしまいます。ご不便おかけいたしますがご容赦いただきますようお願い申し上げます。また不定期営業であり、倉庫や自宅にて保管し店舗にない商品もありますので、原則予約制とさせていただいております。すでにお買い上げいただいている場合もありますのでお手数おかけしますが、ご来店の際はメールか電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。店主の予定がなければ土曜日曜祝日を問わず、また夜間についてもご対応させていただきます。ナポリの名店マリネラを真似てコーヒーをご用意しお待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。*当店につきましてはこちらこちらも読みいただければありがたいです。*コーヒーのご提供につきましてはコロナ蔓延を鑑み、現状自粛させていただいております。