行きつけのお店で

こんにちは、tango245です。
「ちょっといい服着て、美味しいもの食べて、いつもニコニコしていたい」と常々思っているのですが、なかなかそうもいかない店主です。会社員時代は外食も多く、また「お前、最近交際費使っていないけど、仕事してるんか?」と詰められるようないい時代でしたので、結構いろんな店にお邪魔してきました。ブラック企業でしたが、そのブラックが光りすぎて反射し、チャコールグレーやミディアムグレー、時にはライトグレーに見えるのか、他からは何故か羨まく見えたようです。昼食なんかは、後輩に予約取らせてタクシーで遠征もしていましたが、そのお店が???だったりすると、そこはブラック企業ですので、帰りのタクシーは「何を見たんや」、「お前、仕事もそんなやりかたなのか」、「経済的損失を計算してみろ!」、「モチベーションの低下の式は?」、「偏微分してから積分しているんやろうな」等々、自分の同僚は愛情をもって詰めまくるので、後輩達は大変でありました。自分は冒頭のように生きたいと思っているのでなだめる役でした。ランチで詰めまくる同僚(一理ありますが)と私、どっちもどっちですが自分のほうが性格は悪いかもですね。

そんな我々も、年を取ってくると出不精になり、港区なんかは足が遠のき、歩いて帰れるような近場で済ますことが多くなります。近場からそのあと銀座まで繰り出したりもありますが、近場で飲むと、歩いて帰れるという安心感から、だいたいは途中から記憶なくしてしまい、、、と反省の毎日であります。ということで、行きつけのお店はここ10年でめっきり減ってしまい、個人的に無理をお願いできるようなお店はほぼなくなってしまいました。

行きつけのお店が減ってしまった理由は出不精が最大の原因ですが、もう一つ、自分の行きつけになるお店が何故か閉店してしまう傾向があり、どうも自分は疫病神じゃないかと感じております。そもそも外食は、ハレの舞台を除けば「味と価格の費用対効果」が基本で、そのレシオのとりわけ高いところが行きつけになると思うのですが、そういうお店はどこかに負担がかかっているわけで、経営的にはきつくなります。その結果、立ち行かず閉店になってしまうという流れで、自分はそのレシオの高いお店をチョイスしているのかもしれませんが、閉店されてしまいますと、元も子もありません。最近、そういうお店には「もう少し値段上げられた方が、、、」とか「少しお休みお取りになられた方が、、、」なんて、大きなお世話なんですが、思ったりしております。年間2割の店が閉店してしまうという、もともとレッドオーシャンな飲食市場、厳しい業界です。実は店主も付き合いで過去に飲食店を1軒出して1年で閉店しております。20年とか30年とか続けられているお店は凄いなと思っております。

そんな中、「ファッションにはこれまであまり興味がなかったものの、食べ物には興味があり、いいレストランに夏に着ていける洋服を、、、」というピンポイントな目的をお持ちのお若いお客様にお越しいただけました。洋服に興味を持っていただけるのはありがたいですし、なにより「洋服とワイン(と車)でそれぞれ家一軒」の店主の、ある意味、得意な分野であります。全力でお話を聞き、こちらも(夏なのに)コートのお話等をしながら、いろいろとご試着いただき、オラッツイオの麻混サマーウールのシンプルな生成りの無地のジャケット(定価約40万)、チフォネッリの白い麻のシャツ(定価約5万円)、PT01のサマーウールのパンツ(定価約5万円)を。「革靴は履かない、いつもスニーカー」ということでしたので、これならどうと、ソールを改造したマーガレットハウエルのキャンバス地のプレーントウ?を、さらに500g近くあるロレンツィーのワインオープナーを粗品につけさせていただいて、全て新品未使用(当店新品の現行品は実店舗最安値でユーズドより安いので)で固め、総額税込み10万円台半ばでご提供させていただきました。ちなみにブルネロのスーツやダルクオーレの新品未使用品も10万円台半ばのご提供、サイズが合えばお買い得です。(宣伝です。)

今回は夏物レストラン編でしたが秋冬バージョンでしたらさらに充実した案をご提示できますし、また、レストラン編の他、オープンカー編、彼女の両親に挨拶編、私立中学の面接編等、各種ご用意しております。ぜひ「いい服着て、美味しいもの食べて、いつもニコニコ」な人生をお過ごしください。高額品をお求めいただいた場合は、店主の(今や数が少くなってしまった)行きつけの店でよろしければ、一席設け高級ワインを開けます。「昔はよく高いの飲んだけど、最近はもっぱら安旨ワインや」のお客様や、「高いのなんて飲んだことないわ」のお客様、たまにはいい服とともにいかがでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

大変恐縮ではありますが、当店、クレジトカードに対応できておらず、もし何かお買い上げいただける場合は現金決済となってしまいます。ご不便おかけいたしますがご容赦いただきますようお願い申し上げます。また不定期営業であり、倉庫や自宅にて保管し店舗にない商品もありますので、原則予約制とさせていただいております。すでにお買い上げいただいている場合もありますのでお手数おかけしますが、ご来店の際はメールか電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。店主の予定がなければ土曜日曜祝日を問わず、また夜間についてもご対応させていただきます。ナポリの名店マリネラを真似てコーヒーをご用意しお待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。*当店につきましてはこちらこちらも読みいただければありがたいです。