MADE IN ITALY

Tango010~019、カラチェニ
日本人ですと、誂えたいイタリアのスーツの代表格は、アントニオ・パニコとヌンツォ、、、

Tango020~024、マリオ・フォルモサ
現地ではそれほどでもないのに、なぜか日本では有名というブランドは結構あります。逆、、、

Tango025~028、ロンドンハウス
ナポリの銘店、ロンドンハウスです。創業は1930年(31年という説も)で、恐るべき、、、

Tango029、ヌンツォ・ピロッツィ
納期が長いことで有名な先代ヌンツォ・ピロッツィ。日本には名言「まだか、ピロッツィ、、、

Tango030~032、アイリッシュリネン
当店では、断捨離モードのお客様に「究極の3品」として、ビキューナのコート、ロシア、、、

Tango033~035、スカルピーノ
コスタンティーノの初期のブランドであるスカルピーノのスーツです。一方はビンテージ、、、

Tango036~041、コスタンティーノ
かつての日本の銘店、池田洋品店が、ナポリから連れてきたフィッターのコスタンティー、、、

Tango042~044、アンナ・マトッツオ
別注シャツをやっていて、いろいろと研究しておりますが、アンナマトッツォのシャツは、、、

Tango045~046、ガット
伝説と都市伝説が混在するガット、こちらは96年に店主がオーダーしたうちの2足です、、、

Tango047~048、ガットのポロサス
この2足、もはや古き良き時代の遺産であります。型押しに見えてしまうほどの斑、左右、、、

Tango049~055、ガットの未使用品等
こちらガットの未使用品3足になります。ガットは2006年の閉店で、既に閉店から15年が、、、

Tango056、グイド・ボージ
95年サンモトヤマにて購入しました。店主が「いつかはイタリア」と思いを馳せるきっか、、、

Tango057 、フィノッロ
アンナ・マトッツォのコットンのシャツが3万円台で作れた時代に、8万円したフィノッロ、、、

Tango058、シニスカルキ
ミラノの中心部から少し歩いた高級住宅街の中にあるシニスカルキ。入り口の管理人さん、、、

Tango059~60、バリーニ
96年、出張の合間をぬってイタリア縦断ツアーを刊行。観光もそこそこにバリーニ、シニ、、、

Tango061、マリーニ
ビジネスマンたるものジャンニ・アニエッリは気持ちだけでも意識させていただきたい存、、、

Tango062~063、ステファノ・ベーメル
こちらステファノベーメルのコンビのフルブローグとそのゴルフシューズです。99年の購、、、

Tango110~113、アントニオ・パニコ
ナポリのアトリエでオーダーし、芝のホテルで仮縫い、またナポリで中縫いと、のんびり、、、

Tango114~118、ダル・クオーレ
店主は接客させていただく際はできうる限りスーツを着用するようにしているのですが、、、

Tango119~121、ボッテガ・ベネタのスーツ
前衛的なデザインが多いボッテガヴェネタの衣料品ですが、シャツストライプの袖の裏地、、、

Tango193~196、ブルネロクチネリ
洋服もハマると、ダルクオーレやパニコ、チャルディやセミナーラぐらいのスミズーラで、、、

Tango200、ストーンアイランド
英国のベンタイル素材を使った、ストーンアイランドのシングルのトレンチコート、銀座、、、

Tango206、カルロリーバのビンテージシルク
当店、ビキューナのコート、ロシアンカーフ、アイリッシュリネンのスーツを究極の3、、、

Tango215、ボッテガのカバ
2004年頃香港にて購入です。以前に雑誌で紹介されたカバを見て、価格にも驚きましたが、、、

Tango216~218、チェレリーニのプッチバッグ
フィレンツェの銘店の一つとされるチェレリーニですが、チェレリーニ、プッチバッグと、、、

Tango225、ロレンツィーのワインケース
99年ミラノで購入しました。店主はミラノのモンテナポレオーネではこのロレンツィーが、、、