Tango029 、ヌンツォ・ピロッツィ

納期が長いことで有名な先代ヌンツォ・ピロッツィ。日本には名言「まだか、ピロッツィ」という諺もあります。納期が長い日本の職人さんもいらっしゃいますが、我々もピロッツィで免疫ができていますので、「まだまだピロッツィの域には達していない」とかなんとか余裕をかませたりできます。言い訳もいつも同じで、その話が本当なら、家族が200人ぐらいいて、自分の骨も2回ずつぐらい折っているのではないでしょうか。

クラシコ黎明期はまだメールがありませんので、電話かFAXで仮縫いや納品の確認をし、ヨーロッパでトランジットしてようやくナポリの工房にたどり着いてもまだ出来ていないと。正直これが続くと結構痺れます。それで我々もリスク分散で、他の工房のシャツや靴やスーツのオーダーを時間差でかけて進めていく知恵を身につけることになります。

そんなピロッツィですが、納期の不満は日本中に充満していましたが、ジャケットやコートに関しての不満はほとんど聞きません。当時は、雨振り袖や肩パットなしも一般的ではなく、上りで揉める場合も少なからずあったと思うのですが、ピロッツィの場合はその着心地の良さが勝ってしまい、ジャンキーにさせられ、いつできるかわからない次の予約を入れてしまうわけであります。

スタイルは、個人の感想ですが、チャルディやパニコがインターナショナル、富裕層に振っていると思われるのに対し、ピロッツィはナポリそのもの、パニコが福臨門とすれば、ピロッツィは、2,3時間待ちが必至の究極の街中華。この感じが日本人にはいいのだと思います。

Tango029はそんな先代ピロッツィのデッドストックのビスポーク、オーソドックスな紺無地のスーツであります。ぜひ先代の作るチャーハンをご賞味してみてください。並ばなくても大丈夫です。せっかくですので、ネクタイやシャツも、この愛すべきピロッツィブランドで揃えてしまってください。